キッチンのタイプ

自分にとって理想となるキッチンをプランニングをする際に、まず最初に決めておかなければならないのは「キッチンのタイプは何にするか」ということ。住宅全体の大きさや種類、家族周期による将来の計画についても併せて考慮する必要があります。このページではキッチンのタイプの基本的な分類とその名称についてご紹介します。

タイプの通称

ホームセンターやショウルームなどの雑誌や広告などを調べてみると、「クローズドキッチン」という単語が目に付くと思います。この名称はキッチンスタイルの考え方の一つなので、一般的というよりは通称のようなものとして考えてください。この単語には心理的、感覚的な概念が多分に入っていますので、厳密には分類できないケースも多々あるのですが、キッチンのイメージをつかみやすい考え方として広く使用されている単語です。下記にタイプの名称についてご紹介していますので参考にして下さい。

クローズドキッチン

キッチンが完全な独立空間になっているもの。他の部屋とのアクセスリンクなどの配慮はまずないと考えておくこと。  

オープンキッチン

キッチンがダイニング空間に向かって開かれているもの。玄関からすぐ見える位置にあったり、今から台所全体が見渡せるタイプのものが多いので開放感があるキッチンです。

セミオープンキッチン

キッチンとダイニングが一つの部屋で構成されていても、部屋の境界をハッチやカウンターなどで視覚的にさえぎり、それぞれの空間の独立性を高めたものがこのセミオープンキッチンです。

Favorite

鍵の交換なら
http://www.psjapan.com/

Last update:2015/12/3