キッチンのタイプ

キッチンの方向性

上記にてキッチンの基本的なタイプについてご紹介しましたが、これらキッチンタイプは更に二つの方向性に分けることができます。 どちらが好きなタイプかは正直なところ、使用者個々の好み・感性に委ねるしかないので、生活習慣をとおして自分にあったものはどれか考えてみてください。

独立型キッチン

「料理をする際はキッチンは機能的なものがいい」と考えている方や、「忙しくて片づけをする時間が無いので、普段洗い物が溜まっているキッチンを他人に見せたくない」という方、「料理をすること自体が大好き」といった要望を持っている方は独立型のキッチンがオススメです。 機能的に調理をしたいと考える方や料理をするのが大好きなという方は特に当然調理用の道具や機器類が多くなります。そのため作業がしやすい広さが確保できて、その上で片付けや掃除がやりやすい工夫をするのがモアベターです。また、片づけをする時間がないため汚れがちなシンクを人に見られたくないという方も多いと思います。この場合も独立キッチンが理想的と言えます。仮に来客があったとしても、居間などからキッチンが見えることがないため、キッチンを無理に片付ける必要がありません。これならば安心してリビングにお客を通すことができます。

複合型キッチン

ほとんどの時間をキッチンで過ごすことが多い専業主婦の方や、家族とのコミュニケーションを取りながら調理をしたいという要望を持っている方は 複合キッチンがオススメです。家族団らんしながら賑やかに料理や食事を楽しむために、キッチンはダイニングに向かって開かれて明るく広い空間に 仕上げるようにしましょう。また、ホームパーティを開くことが多いご家庭の場合、キッチンに2、3人程度は入れるくらいの十分なゆとりあるスペースと、ダイニングとリビングが同じ空間に配置されていて十分な広さを確保することができるようにする必要があります。 リビングの間取りがそれほど大きく取られていない場合は、リビングに面している庭にウッドデッキを設けてガーデンパーティに洒落込むというのも一つの楽しみとなるでしょう。しかし、キッチンにいるときにゲストとや家族と多くのコミュニケーションを取りたいと思う方で、コミュニケーションを 取りつつも手元の作業風景は隠したいという方もいらっしゃるかと思います。この場合、キッチンとダイニングが一つの部屋で構成されていても境界をハッチやカウンターなどで視覚的にさえぎっているセミオープンキッチンがオススメです。

recommend

マカのサプリメント
http://owuctc.com/

最終更新日:2016/3/30